バンコクからのメール

今日、外出中に携帯にバンコクからのメールが入った
写真が添付されていたが、サイズが大きすぎて
見ることが出来なかった
自宅に帰り、PCに転送されたメールから見ることが出来た
とてもいい笑顔  かわいい笑顔 
今、すぐ貴方の頬にキスしたいよ
貴方に逢いたい・・・
私のくまちゃん いとしのF・・・・
ほんの短い時間しか一緒にいられなかったけれど
貴方が好きよ
はにかんだ笑顔、とてもシャイで、
言っていたよね 君だから、僕はリラックスが出来たのだと
私もそうだった 貴方の話が好きよ
こと、女の事なると、気が弱くなるけれど
対外的なことはしかっりと対応できる
とても頼りに成る 
そうよね 責任のある仕事を任され、世界中を飛び回ってるのだものね
私をお茶目な女の子と呼ぶバンコク
貴方の笑顔に涙が溢れた
貴方は次は何時日本に来るの
私が6月に吐血して倒れた時に
心を痛めた、僕は君のケアが出来ない・・・
他の男を捜せと 言ったくせに
私達、相性がいいものね
貴方の抱えてる大きな問題を私なら解決出来ると信じてる
あの日にした約束、憶えてる
バンコクはエキゾッチクな街だ
どんな事でも、似合うよ
次はバンコクでと
いつでも、君の自由にしていいよと
私はまだ、バンコクの貴方の家に行ってもいいの?

私は絶対に携帯のアドレス替えないわ
貴方とおそろいのアドレス
貴方の為に替えたアドレス
そう貴方と私が好きな宝石の色
Rubyread
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-08-27 21:36