不思議な女

私は自分でも不思議な女だと思う
メールだけで、ずっと付き合ってきた男性とベッドを共にした日
彼は酷く酔い、夜中に何度か徘徊した
驚き、彼とはやっていけないそう思った
次の朝、ホテルを発つ私を彼が寂しそうに見送った
私が、見えなくなるまで
ただ、見送っていた 悲しそうに
一度も手を振らずに
私は家に戻った頃には、彼の良い所ばかりを思い出していた
抱きしめれば良かった 彼の名を呼び抱きしめれば良かった
そう思っていた
次は、必ずそうしよう そう思った
爆音のような鼾と徘徊はドクターに相談しようと
もう一つの問題はニ人で解決しよう

きっと、さっさと引くのが普通なのだと思う
私は彼を抱きしめたかった
いとおしかった
自分でも、不思議な女だと思う
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-08-28 01:27