束の間の恋

いつもはあまり使わない駅から電車に乗った
ふと見上げると駅のホームに、1人の外国人男性が立っていた
ブロンド、ブルーアイ、面立ちがどこか前の彼に似ていた
一目で気に入った
彼も私に目を留めた
ゆっくりと私の隣に立った
やがて、電車が駅のホームに入り
私達は電車に乗り込んだ
さほど混んではいなかった
何度か、私の顔を覗き込んできた
ほどなく、電車は目的の駅に着いた
さりげなく振り返った私を彼が見つめていた
たった2駅 10分の恋 
つかの間の恋
まだ、少し胸がチクチクとする
彼は電車を降りて、私をお茶に誘ってはくれなかった
また、会いたいと思った
映画の様には行かないものだ
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-09-06 21:29