いつか

いつか
私の前に立っていて
少し、老けて
ポーカーフェイスで
そして流暢な日本語で
「真理子^^ 」って笑って
私は「どして?」って
貴方は「うん? 君が僕に逢いたいだろうと思って」と
私はわざと「横浜、もう来ないんじゃなかったの?」と言う
貴方は「そう~?」ととぼける
私は「そうよ^^;」と言う

本当は「逢いたかった・・・・」
「ずっと・・・ 待ってたわ・・」そう言いたいのを
意地っ張りだから、お互いに言わない
まるで、何事も無かったかのように
貴方が立ってる
あの日のように
私はちゃんと知ってるわ
ポーカーフェイスのその裏で、
貴方がどんなに悩んで苦しんできたか
それが、かっこ悪いと隠してる
何も考えないふりをして
だから、私も知らんぷりをする
それでも、私が解ってる事を貴方も解ってる
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-09-15 23:00