暴力

私は子供の時に父親から、DVを受けていた
父はそこそこ、大きな会社の中間管理職だった
いつもは、優しい,いい父親だった
だが、アルコールが入ると、仕事のストレスを子供にぶつけた
しかし、母には手を上げた事は見たことがない

望まれて、結婚した
多くのボーイフレンド中から、一番大切にしてくれそうな人を選んだ
誤算だった・・・・
すぐに、カッとなって暴力を振るう男だ
肋骨を3回骨折した 足の筋肉を切って歩けなくなった事も
膝もダメにした 最後は首の骨がずれて脊髄を圧迫した
手足に麻痺が起こった
手術したが、僅かに麻痺は残った

私は、全ての男性が女性に手をあげるとは思っていない
でも、割合は非常に多いと思ってる
今までの経験から、男は暴力を振るうものと思ってる
好きになった相手でも100%、信じてはいない
信じられない

バンコク、とても穏やかな人、良識をきっちと持った人
頭では、解る
彼は女性に手を上げるような男ではないと

千葉、彼のあの体、元ボクサー
彼はやたらに、人に手をあげるような人ではない

町田 彼と私の体格の差を考えて、
小さな私を、いつも気遣ってくれた
きっと暴力など振るわない

でも、、彼等と酷いけんかをした訳ではない
心はまだ、彼等を信じきってはいない
どこか、不安がある

たった一人 信じてる人 Fran
Franは、私の手術の原因を知って、酷くショックを受けたようだった
おしゃべりな彼の言葉が止まった
そして、僕は決して君には暴力を振るわないよ
信じて欲しい そう言った

Fran とはネット上で、酷い喧嘩をたくさんした
彼が、君をキックしたいと言った
私は哀しかった・・・・
「貴方は簡単に私を殺せるよ、私の体はガラス細工、
簡単に壊れちゃう」そう言った
「彼は、イメージだけ、決して本当には手をあげない」と何度も言った
医師に言われていた 骨が細い、華奢な骨で、
脊椎も骨と脊髄の間がとても狭いそうだ
何か在れば、不随に成ると
生活には、十分注意をするように言われた

一緒に、過ごした間
彼の意地悪、きつい冗談に思わず
彼の手術を忘れ、叩いてしまた
彼はとても驚いた顔をした
(僕の頭を叩くか~・・・・・・・・)という顔した
それで、思い出し
「ゴメンね! ゴメンね ゴメンね ゴメンね・・・・・ 大丈夫?」
そう言った私に、しょうがないなと優しく笑った

お台場では思わず、腕や、足を叩いた
その時、Franは私の腕を掴み「僕は男だよ 君を簡単に殺せる」そう言った
怖かった そしてとても嬉しかった
だから、僕は何が在っても君には手をあげない
そう言ったと解ったから

友達は多くの男が、そうだよと言う
でも、私はまだFranしか心から信じられない・・・・・
Fran だけを信じられる

Fran 以外に私の不安を取り除いてくれる人は
現れるのだろうか・・・
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-10-02 01:15