救いの手

かなり参っていた
もう、1年10ヶ月、私を支え続けてくれる友達がいる
仕事が、忙しくなりあまり話が出来なくなった
なんとか、彼を頼らなくてもやり過ごせすようになった

それでも・・・・・ 
そんな時に殿から、メールが届いた
まるで、悲しみにくれる、私が見えるかのように
とても、とても優しいメールが届いた

殿はいつも、テレ屋だから冷たい人間だとか
優しくないって自分の事言うけれど
心の温かい人だ
それを表に出すの恥ずかしいの
それはもう殿のブロブ仲間はみんな知ってる
殿のメールが心に染みた
ありがとう殿 ありがとう

悲しみに打ちひしがれる私に
しばらくして 、デトロイトからメールが届く
すっと待っていたメールだった
そう、彼に生まれて初めての一目ぼれをしたから
彼はFranと同じ笑顔を持っていた
ブロンド・ブルーアイ・爽やかな少年の笑顔
面長の顔立ち 童顔 Fran によく似ている
彼の笑顔は私を救ってくれた

なぜ・・・・ 私の目に前に現われたの・・・・
なぜ、今日メールが来たの
いろいろな人からメールをもらった
飛び切りのハンサム・モデル並みの容姿の男性がどれだけいたか
素敵とは思ったが、それ以上の感情は沸いては来なかった
心を揺さぶった人は誰一人いなかった
彼が始めてだった
運命を信じてもいい?
運命を信じたい
私は前に歩きたい
いつかは、たどり着きたい美しい笑顔へ・・・・
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-10-05 20:20