時は流れても

時が流れて、随分苦しむ時間が少なくなった
楽になった
時にはもう貴方を忘れられるかとも思う

私には全ていとおしい貴方を
「あのハゲ^^;」とか「骸骨」なんていっちゃう
そう、私はがっちりとした逞しい男性が好き
タイプ
男は大きくなきゃって 大きい男性はそれだけで
守られている気になる

でも、華奢な貴方の体が好きよ
町田は私の理想の体格だった
彼の腕の中にいたら 何も怖くない
そう思えた

貴方と抱き合うと、まるで女の子同士みたいだった
男性と意識しなっかた
でも別の安心感があった
男性として愛いしながら
同姓と一緒にいるような感覚を何度も感じた

私はとても揺れる
貴方を待ったら・・・・・
他の人生を歩んだら・・・

何が一番後悔しないんだろう・・・
[PR]
by GarnetMoonNight | 2006-02-27 04:44