哀しい女 哀しい男

昨年の夏、イギリス人の男性に会った
一緒に飲んで食事をした
薬を盛られた
気が付いたら私はベッドの上にいた
レイプ、強姦
でも私は全く抵抗をしなかった
彼と過ごした街を通り過ぎた
降りたかった
降りたら今も改札に彼が笑顔で待っているような気がした
きっと待ってる そん・・・・

いるはずがないのに・・・・

笑顔で食事をした 私の心は泣き叫んでいた

心が粉々だった 体も粉々になればいいそう思っていた

その男も大きな傷を持っていた
単なる性欲の捌け口の私の手をしっかり握った
哀れだった
この男が本当に望む物は快楽では無いと知った
この男はMake Loveを望んでいた

愛してはいない 私と疑似体験をしたかったんだと思った
哀しみで心が一杯になった
私は男に体を預けた なすがままだった

本当はそんな事、望んでいなかった
[PR]
by GarnetMoonNight | 2006-03-07 15:48