千夜一夜物語

アラビアにある国王がいた
妻の不貞を見た、国王は妃の首をはねた
その後、新しい妃を娶るが、女性不振になった王は
一夜を共にしては、首をはねてしまう
次々と行われる王の悪行に
大臣の娘が自らの命を差し出す

彼女は王に娶られた夜
寝所で話を始める
話が終わり、この話の続きは、また明日
彼女の話が聞きたくて王は首を撥ねる事が出来なかった
毎夜、続く彼女の話に王は夢中になった
彼女の夜話は、千夜続いた
いつしか王は彼女を愛し、首をはねることが出来なくなった

そう、愛するとは心を紡ぐ事
私は、感じた事、考えてる事、見たもの、聞いた物
みんな彼に話したくて、たくさんメールを書いた
眠る時間を削って英語の勉強をした
彼は、いつも嬉しそうに楽しそうに、私のメールを読んでくれた
彼は君は素敵な人だね
そう言ってくれた
いつしか、私達は惹かれあっていった
このお話のように
[PR]
by GarnetMoonNight | 2006-09-07 01:30