<   2005年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Last Present

私は町田にー激しいキスーを英語に直し、メールで送った
彼の母国語はスペイン語だ
たが、私はスペイン語が全く出来ない
彼は日本語が出来る
また、日本語以上に英語が出来る
彼はきちっと大学を出ていて知的水準は、決して低くは無い
日本語のまま送るのは気恥ずかしかったので、英語で送った
彼は「これは私の事だね」と嬉しそうな顔をしていた
私は彼に関す記事をまた、送るつもりだ
彼が少しでも、自信を取り戻してくれるように
これが私の彼への最初で最後のプレゼントになるだろう・・・・
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-08-31 22:15

憧れ

私は躾の厳しい家庭で育った
きちっと生きろ そう教え込まれた
昔、見たドラマが今も印象に残っている
とある田舎町に、ふらりと不思議な女が現れる
彼女の名はマリア
教養も品も無い女性だ
彼女は次々と町中の男たちと関係を持って行く
彼女は悲しみを抱い男たちを拒めないのだ
彼女のほわっとした物腰と体で男達を癒していく
が、誰一人、彼女を自分の物にしようとはしない
彼女は、大きな病気で死を目前にしていた
それを誰にも言わずに、たった1人で寂しくこの世を去って行く
彼女の葬儀に町中の男たちが集い涙を流す
悲しい話だ・・・・
私はその知性も教養も無い女に憧れていたのかもしれない
人間の本質とはなんなのだろうか・・・・
今の私には判らない
私は判らず終いのまま、死んで逝くのかもしれない
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-08-31 21:47 | Drama

新たな男

パリから離婚暦の有る男性からメールが届く
仕事から、彼の経済力を伺い知ることが出来る
非常に日本人女性を恋焦がれている人だ
穏やかで優しい、また男性を立てる日本人女性は彼にとって
とても魅力的だと言う
奥さんになる人を探しているようだ
私にはこうして、新しい男が次々と現れる
では、彼は・・・・・
彼は自分の条件の悪さをまず話す
まだ、何も相手の事を知らないうちに
言われてしまったら、引いてしまう
でも、悪い人じゃない
魅力が無いわけじゃない
彼が心配
自分の事だけを考えられない・・・
彼が強く押してくれたら
私は彼と一緒に苦労して地味に生きて行くだろう
彼は今の私を見て苦労はさせたくない
そう思っているのだろう・・・ 男のプライド
そんなの判ってる
私だって、伊達に歳を重ねてはこなかったわ
男と女  哀しい 
そうそう簡単に上手くは行かないものだ・・・・・
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-08-31 03:00

揺れる心

この人と別れよう そう思った
ただ・・・ 私はこの人に少しでも幸せをあげられたのだろうか・・・
この人の嬉しそうな顔を見たかった
見てしましまったら
この人が私を手放せなくなる事が判っていた
この人も私も苦しむ事が
まだ、ちゃんと話をしていなかった
もっと話がしたかった・・・
でも、行き着く先が見えている
今、離れなくてはお互いが苦しむ
これで、いいんだ そう思う
そう思いながら
この人の不安、寂しさ、憤りを一緒に背負いたい
そう思う私がいる
私はこの人を捨てられない
でも、もう逢わない
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-08-31 02:01

官能

官能とは、体だけなく心が感じるものだと思い出した
部屋に入って程なく、私の右の胸は露わになっていた
大きな手に包まれていた
お互いに、服は身につけている
私の胸だけが、露わになっていた
その光景に、体だけでなく心が感じた

声をあげた私の口を、町田の大きな手が塞いだ
そして、私の口に指を差し入れた
私の体に差し込まれた指だった
あぁぁ・・・ 嫌・・・と思う気持ちと
なんとも言えない、官能が体と心に湧き上がった
そして町田の指に激しくキスをした
上手なキスだと、そんな私に町田も酔っていた
淫らな自分に酔える瞬間だった

官能とは体と、そして心が感じる物だと
改めて思った
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-08-31 01:12

私が求めるもの

厚くて広い胸 逞しい腕
その胸にその腕に、しっかりと抱かれる事 
髪をなでられる事
優しい言葉
ぬくもり、安らぎ、私の居場所

深く、強く、激しく愛されたい
愛いしたい
あの時のように

私の願いが叶う日は来るのだろうか・・・
私は餓えた心のまま、足掻き、もがき 苦しみの中
必死に、手をのばしてる
誰か、掴んでくれる人は現れるのだろうか・・・
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-08-29 00:32 |

不思議な女

私は自分でも不思議な女だと思う
メールだけで、ずっと付き合ってきた男性とベッドを共にした日
彼は酷く酔い、夜中に何度か徘徊した
驚き、彼とはやっていけないそう思った
次の朝、ホテルを発つ私を彼が寂しそうに見送った
私が、見えなくなるまで
ただ、見送っていた 悲しそうに
一度も手を振らずに
私は家に戻った頃には、彼の良い所ばかりを思い出していた
抱きしめれば良かった 彼の名を呼び抱きしめれば良かった
そう思っていた
次は、必ずそうしよう そう思った
爆音のような鼾と徘徊はドクターに相談しようと
もう一つの問題はニ人で解決しよう

きっと、さっさと引くのが普通なのだと思う
私は彼を抱きしめたかった
いとおしかった
自分でも、不思議な女だと思う
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-08-28 01:27

心が騒ぐ・・・・・

バンコクの写真を見て、逢いたいと想いは募る
明るい色のシャツがとても似合っている
I miss you ...
I want meet you ...
と彼の名を記しメールを送った
逢いたくて・・・ 逢いたくて・・・・

そのくせ、忙しい町田がくれた電話にでられずに
履歴を見て
ごめんなさい・・・・ 泣きながら携帯を抱きしめた
私にはバンコクも町田も選べない
どちらかを捨てることなんて出来ない
町田も、バンコクも愛してる
何故、もっとしかっり捕まえてくれないのと
誰も付け入る隙のないように・・・・

疲れたとメールをくれたノルウェーイを心配して
今すぐ、逢いたいとメールくれる横須賀をかわいいと思う
私がいる

私はなんなのだろうか・・・・


▲ # by GarnetMoonNight | 2005-08-23 02
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-08-27 23:58

バンコクからのメール

今日、外出中に携帯にバンコクからのメールが入った
写真が添付されていたが、サイズが大きすぎて
見ることが出来なかった
自宅に帰り、PCに転送されたメールから見ることが出来た
とてもいい笑顔  かわいい笑顔 
今、すぐ貴方の頬にキスしたいよ
貴方に逢いたい・・・
私のくまちゃん いとしのF・・・・
ほんの短い時間しか一緒にいられなかったけれど
貴方が好きよ
はにかんだ笑顔、とてもシャイで、
言っていたよね 君だから、僕はリラックスが出来たのだと
私もそうだった 貴方の話が好きよ
こと、女の事なると、気が弱くなるけれど
対外的なことはしかっりと対応できる
とても頼りに成る 
そうよね 責任のある仕事を任され、世界中を飛び回ってるのだものね
私をお茶目な女の子と呼ぶバンコク
貴方の笑顔に涙が溢れた
貴方は次は何時日本に来るの
私が6月に吐血して倒れた時に
心を痛めた、僕は君のケアが出来ない・・・
他の男を捜せと 言ったくせに
私達、相性がいいものね
貴方の抱えてる大きな問題を私なら解決出来ると信じてる
あの日にした約束、憶えてる
バンコクはエキゾッチクな街だ
どんな事でも、似合うよ
次はバンコクでと
いつでも、君の自由にしていいよと
私はまだ、バンコクの貴方の家に行ってもいいの?

私は絶対に携帯のアドレス替えないわ
貴方とおそろいのアドレス
貴方の為に替えたアドレス
そう貴方と私が好きな宝石の色
Rubyread
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-08-27 21:36

過去の栄光

彼の引退した年齢
日本で暮らした年月
町田の話を総合すると
彼は引退後、程なく日本に来ているようだ
両膝を痛め引退を余儀なくされ
故郷で暮らす事が辛かったのかもしれない
でも、14年の月日が流れた
そろそろ、昔を懐かしめるよね
私にたくさん話をして
過去の栄光を懐かしんでいいのよ
誰だったて年を取る
何時までも昔の様にはいかない
たまにはね過去の栄光に酔っていいのよ
私が貴方のファンになる
今の貴方も素敵よ
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-08-27 03:00