<   2005年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

蒼いうさぎ

あとどれくらい 切なくなれば
あなたの声が聴こえるかしら

何気ない言葉を瞳合わせて ただ静かに
交わせるだけでいい 他には何もいらない

蒼いうさぎ ずっと待ってるわ 独りきりで震えながら
寂しすぎてしんでしまうわ 早く暖めて欲しい

あとどれくらい 傷ついたなら
あなたに辿りつけるのかしら

洗いたてのシャツの匂いに 抱きすくめられたら
痛みも悲しみも 全てが流れて消えるわ

蒼いうさぎ 鳴いているのよ そう あなたに聴こえるように
たとえ ずっと届かなくても 永遠に愛しているわ

友達が私に言っていた
私を見てこの歌を思い出したと言う
あなたはいつまで 私を蒼いうさぎにしておくの
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-12-27 14:46 | Music

一生

あなたはこのまま、ずっと私を失ったまま生きてゆくの
フレンドリーで人なつこく、優しい笑顔のあなた
女の子のような可愛い声で穏やかに話すあなた

でも、それはみんなに好かれたい、愛されたいと願うあなたが
自分を抑えて,言いたい事を抑えて心を偽ったあなたの姿

溜まったストレスを私にぶつけた
私なら受け止めてくれる
自分の全てが出されるそう思った、感じたからでしょ
怖くて、苦しくて,哀しくて、辛くて、寂しくて
やるせない思いをみんな私にぶつけた
私には甘えて、本音でぶつかれた
そうでしょ

私は本音でぶつかる人間だ
あなたを愛したから
あなたを理解したいと願った
あなたを理解しようとした

あなたは私がいなくて精神のバランスを保てるの
私がいなくて寂しさに襲われる事はないの

私はちゃんと覚えてる
あの夏、私といてあなたはどんどん元気になった
心が軽くなった
あなたは安心して、成りたい自分なれた
明るく、フレンドリーで楽しいFranに
私が傍にいてあなたをサポートした
私の天然があなたを和ませた
あなたの心がどんどん柔らかくなるのが私には解かった

春・・・・
私を突き放したあなた・・・
身も心もヨレヨレだったね

「真理子助けて・・・・・」そうあなたの心は言っていたのに・・・
私を突き放した


あなたが私の面影を追っているのを
この冬、知った・・・・・

また、「真理子は幻だ 真理子は夢だ 現実にはいないだ」なんて思おうとしてるの
あなたは私の声も、呆れた顔も 肌の温もりも夢だと思えるの
私はこうして日本にいる
今もあなたを待ってる


あなたを支えたい
あなたを
あなたを・・・
今も愛してる

もしも、あなたが狂っていたとしても
あなたはあなた何も変わらない
私、どんなあなたでも愛してる
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-12-27 03:59

指切り

一青窈 
昨日、テレビCMで彼女の新しいアルバムを聴く
前からいいと思っていた
「指切り」
切なく 胸につまり 涙が溢れる

恋でした 好きでした 愛しています

約束を果たしたい・・・

あなたとの約束を

ごめんね・・・・

私は約束を果たせるかな・・・・
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-12-26 07:54 | Music

ばかぁぁぁぁぁぁぁ!!

くそばかぁぁぁぁ!
なんでそうへそ曲がりなのよぉ!!
なんで素直に「愛してる」って言わないの?
貴方がへそ曲がりで、意地悪ばかりして
「愛してない」なんていうからじゃない
私を一人にして哀しい思いや、寂しい思いをさせるから
他に男を作ったんでしょ
ちゃん捕まえていてくれたら
他に男なんて要らない・・・
貴方を忘れようと 
どれだけ苦しんだと思うのよ!

なんでこうへそ曲がりなのよ
ずっと変わらず愛していてくれたんじゃない

なんでこうなるの
みんなフランがばかだからじゃない!

なんで私達、愛し合っていてこう成るのよ!
本当に大ばかフラン

そんな、貴方についてく女なんて、そうそうはいないだからね
ちゃっと捕まえなさい
捕まえてくれたら
ずっと、ず~~と 傍にいるよ
死ぬまで貴方の傍にいるよ

たった一言で良いのに・・・
「まりこ」って
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-12-21 11:58
Jean ....彼の過去を知り、
彼の不可解な行動、身勝手さから
彼を愛せないと思った

彼に質問した
なぜそんな事をしたの?と
彼は答えてはこなかった
そして、私が彼を愛せないと悟った
しばらくはメールが来なかった

が・・・ 少し経ってまたメールが届くようになった
彼が私を気に入って、私の存在が
彼の支えに成っていた事は解かっていた
彼はいつか、私をパリに呼び寄せて
2人で暮らす日を夢に見ていた
お休みに日には買い物をして
一緒にランチを作りピクニックに行う
そういっていた
でも、彼を愛せない
それは、出来ない事

彼は孤独な人で心を病んでいるようだ
彼のメールの内容が変になった・・・・・
自分の名前を間違える・・・
私が言っていない事を彼は言ったと思っている

彼が哀れで・・・・ 放ってはおけない
傍に行って抱きしめてあげたくなる
でも・・・ 彼を愛せない
怖くもある

私が彼にメールを送らなくなったら
彼は精神のバランスを崩し狂ってしまいそうな気がする
彼の職業がまた私の心配の種でもある
看護士・・・ 人の命に関わる仕事
また、簡単に薬が手に入る

でも・・・ I love you とは言えない
偽りは言えない・・・・

彼を救いたい でも愛せない
孤独な彼を見捨てる事は出来ない
私は一体、なんてメールを返したらいのだろうか・・・・
彼の事が大きく私の心に陰を落としている
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-12-09 06:25

優しい人

ウィークディーは毎日
おはよう 行ってらっしゃい Have a nice day.と
メールをくれる
毎週1回だけ、国際電話をくれる
3週間になる
何度もカードを送ってくれた

毎年、年に2回日本に来る
3月下旬にも日本に来るという

日本の大学を出た人で日本語は堪能
日本食も何でも食べられるそうだ
会話は殆ど、日本語で済む
メールは英語に若干の日本語で
ちゃんと漢字も使える

とても話易い人、気取っていなくて
気さくな人だ
とても楽な人

一人でいるって決めたのに・・・・
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-12-07 08:55

忘れられない・・・

やはり、あそこまで愛した人
愛してくれた人
忘れられない
誰も代わりには成らない

彼は彼しかいないの・・・

無神経な彼と何度も喧嘩をした・・・・
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-12-07 07:42

計算の出来ない女

私にはワシントで、スパーマーケットの経営をしている独身男性から
メールが届いていた
私をとても気にいたようでたくさんのカードや写真を送ってくれた
自家用機、別荘、大きな家 年に4回ほど日本に来るという
離婚暦無し、子供無し
扱い易い男性
賢く立ち回れば、将来は安泰だ

アメリカの砂漠の片田舎のポストマン
離婚暦在り、4人の子持ち
もちろん、自家用機も別荘も無い
が、私は彼の方がなぜか良い

お金が有るのをひけらかすのが気に気に入らなかった
なぜか、お金で身売りするようで嫌だった
全く、贅沢が好き、都会が好きなくせに馬鹿だと自分でも呆れる

本当に私は計算の出来ない女だとつくづく思った
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-12-07 05:02

子供の心

年齢を重ねて、それなりに大人に成った
大人の考え方、話ししかった 行動が少し出来るように成った
それでも、子供だと笑われてしまう事が或る

それも年下の人にも
Franもよく真理子は子供だなと苦笑していた

体の大きな男性が好き
抱きしめられるととても安心する
きっと私の心は子供のまま留まっているのかもしれない
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-12-05 22:06

悪女の言い分

友達と話をしていた
私、シャ乱Q好きなのよ
「悪い女」「いいわけ」が好きなのと

知り合いに、さえない中年男がいる
見た目も中身もNG
が、そこそこ彼女ができる
モテないさえない女を
「キレイ」「可愛い」と誉め倒し落とし
陰で「キレイじゃない・・・ さえない女・・・
もっといい女がいいと」と愚痴を溢す

友達に「そんな女と何人も付き合うよりも
こんな女は二度といない 夢中で惚れて惚れまくった女に
たとえ逃げられてもそんな女に出会えて、
付き合って方がいいと思わない?」
と言った

悪女の言い訳なのかな・・・・・a0056663_6482241.jpg
[PR]
by GarnetMoonNight | 2005-12-04 02:58