<   2006年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

誠意

私は自分の名前がとても好き
真理子
でも、親は私を愛称で呼ぶ
私はその呼ばれ方が嫌い
友達はニックネームで呼ぶ
それも嫌い
結婚前に付き合っていた人達も何故か
私の名前を呼ばなかった
「ねぇ」とか「ちょと」とか「あの」とか
結婚しても夫は愛称か「ねぇ」とか「お前」で
妹達も友達のご主人達もみな、名前を呼んでいた
私だけが名前を呼ばれずにいた
私は死ぬまで誰からも、名前を呼ばれる事が無いのかと
絶望に似た悲しみを感じていた

体の異変を知り、苦しんでいた時
Franと出会い彼はいつもMarikoと私の名前を呼んだ
“Hello Mariko^^”  “How are you Mariko ?” 
いつでも、名前で呼んでくれた
そんな或る日、彼が「漢字を教えてまりこってどうやって書くの?」と聞いてきた
私は驚いて「Fran 見えるの?」と聞いた
彼はスイスに暮らすフランス人 どこのPCを使っているかは知らないが
日本語が見えると言った
私は「眞理子」どういう訳か父は古い字が好きで「眞」は本来はこの字を使う
彼は直ぐに 「眞理子」と打ち返してきた

そして始めて届いた彼の手紙には
 愛してる 僕のばか眞理子 そう下手な日本語で大きく書かれていた
愛する女の名前は本当の名前で書きたい
そう思った彼の優しさと愛情と誠意だった
彼の手紙に涙が溢れた・・・・
彼は悪いだけの人じゃない
[PR]
by GarnetMoonNight | 2006-05-26 07:08

いじわるな神様

登録したサイトでメールを頂いて、でもやはり彼が忘れられず
お断りした方達から、良かったらまた話がしたい
友達でいいからとメールを頂いた
私が友達以外の感情は持てないからと言ったのを承知で
一度だけ会って欲しいと言って来た人・・・・・

なんでなの?
寂しい時はいつも一人
もう男は要らないと決めた途端に
過去の男達がたくさん戻ってくる
なんで・・・・
私は一人で十分なのに
神様はどうしてこうも私に意地悪なの?
[PR]
by GarnetMoonNight | 2006-05-26 02:49

理性と感情

私の頭は彼をもう忘れるべきだと言う
私の心はまだ彼を忘れてはいない
些細な事で彼を思いだす

私と彼の事を知る人は多くて
みんなが彼の事を聞く
私は彼の名前を口にする
優しい感情が生まれ
やはりいとおしいと思う
が私の理性はスットプをかける
彼は良くない男
彼には十分尽くした
役目はおしまい
彼は私を幸せには出来ない
いつか愛せなくなる
潮時よ そう理性は言っている
私はどんなゴールが待っているか判らない人生を
幸せに成れるそう信じて歩きたい
答えはまだ出せない

私の人生のドラマはまた始まるのかな・・・・・
[PR]
by GarnetMoonNight | 2006-05-25 06:44

変わってしまった事

ブログ仲間がブログを辞めてしまった
とても寂しい・・・

実は私も最近、私のブログを辞めようかと思っていた
その方と同じような感覚なのだ
勢いが無くなった

最初に作ったブログは次から次へと生まれ来る言葉をぶつけていた
感情がわーと盛り上がり書かずにはいられなかった
湧き上がった感情を言葉に替えブログを書いていた
素敵なブログと褒めて頂いた事も在った(過去のブログでは

最近、その感情が湧き上がらなくなった
生活を送る上で楽になった
が、感情が湧き上がらない事が寂しくもある
自分が輝いていた気がする

今は休止の時期なのかもしれない
少しこれからについて考えたいと思う

ただ、ブログを始めて自分が文章を書く事が好きな事に気づいた
ここか、また或いは別ブログなのかは判らないけれど
私はブログを続けます
言葉が沸いた時にだけ^^
もっとたくさん話したかったな
とても残念です
忙しくなった私が唯一覗かせて頂いたブログなのでとても残念です
[PR]
by GarnetMoonNight | 2006-05-16 19:32

Over

私の携帯のアドレスをFranが流した
私にメールをくれた人がFranから貰ったそう言っていた

私は最近、送ったDVDに変わったアドレスを小さなメモに書いて添えた
携帯のアドレスを1年間、教えていなかった
彼がどうして、そんな事をしたのか
私は理解が出来る
私を忘れたい
でも忘れられない
だからこんな事をした
でも、今回ばかりは彼を許さない
堪忍袋の尾が切れた
いい加減、愛想が尽きた
これでやっと終れる

私達はもうおしまい
Overよ
[PR]
by GarnetMoonNight | 2006-05-14 02:00

一人・・・・

夕暮れになると、寂しさが襲ってくる
誰かに抱きしめて、髪を優しく撫でて欲しい
腕に絡みつき、子猫のように甘えたい
誰かに寄り添いたい
でも・・・・私の傍には誰もいなの・・・・
こんな気持ちをずっと抱えたまま
私は一人のまま人生の幕を閉じるのかもしれない
寂しさと、不安が押し寄せてくる

私はともかく家を出たかった
結婚と言う形でしか家を出られなかった
夫いう人は家庭を築く資格の無い人間だった
私はその事に気づかず、ずっと夫が次々に起こすトラブルの処理に追われた
頼る人などいなかった
そして、自分が一人ぼっちだと気づく余裕すらなかった
強く、しっかりとするしかなかった
いつしか、私は甘えられない強く可愛いくない女になっていた

彼と出会い、ヴァーチャルの中では在ったが守られ、甘えられ包まれ
そんな人を得られた
私は弱い女になった

もう一人は嫌なの・・・
[PR]
by GarnetMoonNight | 2006-05-11 09:45

困ったものだ^^

バンコクとは知り合って1年が経つ
彼は教養があり、難しい表現、見たこともない英単語を使っていた
あまり直接的な表現をせず、文学的な表現が多かった
が、お互いの他人には見せない顔を見せたせいか
最近、信じられないような下品な言葉を平気で使う・・・・
が、不快感より、思わず笑ってしまう^^
ばかね~~^^;って
[PR]
by GarnetMoonNight | 2006-05-10 22:34

本当は?

国際結婚をこれからする方のブログを見た
読んでいて辛くなった、きちんと読む事が出来なかった
恋する気持ちが切なくって
別れの記事は胸が詰まって
彼女の苦しみ、痛みが私に響く
私も知っているから
空港で彼の背中が見えなくなった時に
私は声を上げて泣いた
私は人前で殆ど泣いた事が無い
旅立つ飛行機に
「戻って来て 行かないで I love you Francois !!」
そう言ってただ、ただ泣いた
引き裂かれる苦しみ、悲しみを知っている
何時間も空港を離れられずにいた
スイスの家に帰り着いた彼とチャットで話すまで
、眠れずにただ、ただ泣いた
涙を流す目が痛いほどにただ、ただ泣いた

もうあんな苦しい想いはしたくない
そう思いながら、あんな恋がまたしたの?
[PR]
by GarnetMoonNight | 2006-05-07 23:04

全くモォォォォォ^^;

昨日、友達と「ナルニア国物語」を観て来た
別ブログではもうナルニア国の記事は書いている
つまり2回目^^
好きな映画は何度も観たい^^

子供達を乗せた疎開列車が豊かな自然の中を走り抜けるシーンは溜息が出るほど美しくいつかは現実にこの目で見たいそう思った
「いつか行きたいね^^」そう言った私に
友達は「スイスてこんな感じだよ^^」
「うん・・・・・」

洋服ダンスの中のゴージャスな毛皮のコートを見て
「私も1着、欲しいな・・・」
「バンコクさんなら買ってくれるんじゃない^^」
「うん・・・彼、お金持ちだからね」

友達「ナルニアの雪景色って
   シーダシィーに似てるんじゃない ?
   きっと綺麗な所だよ^^」
私 「うん そうだろうね」

一体、誰にしろっていってるのよぉ
ひとごとだと思って勝手な事言ってくれるわ
全くも~~~~^^;
まっそれだけ親しいと言う事ですが^^

ウウム・・・・ 益々 迷うわ・・・^^;
[PR]
by GarnetMoonNight | 2006-05-07 03:12

幻想と現実

私のブログは私のシリアスな部分が出ている
が現実の私はサバサバしてて、ドジで天然で面白い事を言う人で
何処に行っても直ぐに馴染み友達の出来る人なのだ
女友達の前ではなかなか恥ずかしくって自分の女の部分て出せない

が、私の前のブログではロマンティックな私が出ていた
それも本当の私の一部
そうじゃないだろぉぉ!なんて言葉も言うし
だめじゃんとか頻繁に使う
ハマッ子だから^^;

愛する人を貶めなくなくって
みんなの想像のままにお任せしている時がある
彼を貶めたくはない!
みんなの夢を壊したくはない

でも現実って・・・・・
[PR]
by GarnetMoonNight | 2006-05-06 11:25